草むらサラダ

神戸大学4年生、ぶさべじ出身、今日もおなか空きました

いとしまシェアハウス滞在記

 

こんにちは、久保陽香(@U70604)さん | Twitter です!

みなさん、雨の方は大丈夫でしたか?

各地で大きな被害が出て救援が必要な地域も多いようなので、とても心配です。私も週末には兵庫県の泥かきに行ってきます。

  

さて、私はちょうど大雨の時

7/5~9まで神戸大学を休学中の友人さりな(@AzjqW3ZRhBaVV2K )の住む、いとしまシェアハウスにお邪魔していました!!

 

いとしまシェアハウスは、「食べ物・お金・エネルギーを自分たちでつくる」をコンセプトにした、自然とつながるシェアハウスです。棚田に囲まれた集落の中で、田んぼや畑・猟を行い、築80年の古民家を改修しながら、様々な個性を持つ男女が共に暮らしています。ここでは、体験したこと、つくり出したものをたくさんの人たちと”シェア”する暮らしの実験を行っています。

 

f:id:haruka-kubo33:20180713131422j:plain

千春さん、ダーシーさん、久保、さりな、ゴッティーさん (大好きです)
f:id:haruka-kubo33:20180713131503j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713131513j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180713131521j:plain

置いてある本もドタイプです!!


こちらが、HP!住民紹介のところまでほんと見て欲しい…素敵な方ばかりなんです!!! 

みんな想像以上に素敵で面白い方々で、もう私はみなさんの虜です!

滞在5日間でも、畠山 千春(@chiharuh)さん | Twitteryや、Kooichi Shida(@koo1s)さん | Twitter、ゴッティーさん(アカウント知らぬうう)とのふとした会話の中から

”生きる”ために大切なことを沢山学びました。

今日はその一部も紹介させていただきますね!

  

【目次】

 

 

 

自分たちも自然も幸せな暮らし

いとしまシェアハウスでは、できるだけ自然に負荷をかけない暮らしをしています。

シャンプーリンスーや洗剤は使わない。洗い物は、ヘチマのたわしを使い、油汚れは米ぬかで落とします。

f:id:haruka-kubo33:20180713131755j:plain

 

なぜなら、シェアハウスの周りには上下水道がないため、自分たちが出した水がそのまま川へと流れる。そして自然を汚せばそれがそのまま自分たちに直接返ってくるという風に、暮らしが自然と直接つながっているからです。

 

だから決して何かを我慢して自然に配慮している訳ではないし、むしろ自分たちが気持ちいい、ご飯も何百倍も美味しいから、このような自分も自然もが幸せな生き方を選択しているのです。

 

  

”自分たちでつくる”ということ

いとしまシェアハウスでは、お米・お肉・卵の自給は100%

最近では畑も再開し、野菜の自給率もあげよう頑張っています!

食事も野菜が中心で素材を生かした料理!

毎日の夕食は、みんなが1品ご飯を作り食卓を囲みます!

いとしまシェアハウスのコンセプトにもあるように、自分たちでつくることを大切にしています。

 

 

滞在中もたくさんの”つくる”を経験させていただきました。

✔畑や田んぼの草刈りしたり(菅笠盛れる説@いとしまシェアハウス)

f:id:haruka-kubo33:20180713131803j:plain

 

✔夏の鹿を捌いたり

f:id:haruka-kubo33:20180713131824j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713131836j:plain

 お母さん鹿、そして夏に捌くのは私にとって初めてで!母乳を見て感動しました!

 

✔キャロットケーキ作ったり

f:id:haruka-kubo33:20180713131937j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713131857j:plain

 

✔納豆作ったり

f:id:haruka-kubo33:20180713131955j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713131953j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713131952j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713132003j:plain


 

✔シェアハウスで養蜂している蜂蜜の瓶詰したり

f:id:haruka-kubo33:20180713132013j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713132033j:plain

 

✔✔✔極めつけは、シェアハウスみんなによる毎晩の夕食作り!

f:id:haruka-kubo33:20180713132445j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713132039j:plain
鹿のおっぱいステーキ
f:id:haruka-kubo33:20180713132051j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713132237j:plain
縁側でごはん

f:id:haruka-kubo33:20180713132243j:plain

パッションフルーツに焼酎を注ぎ...😭💞(破壊的に美味しい)

f:id:haruka-kubo33:20180713132416j:plain

団欒

シェフのだーしーさん始め、みんな料理うますぎる!!!!!

どんなシェアハウスやねん!!!!

食を愛する者にとって、最高すぎる環境です。

 

  

 

そして、つくることを通じて見えてくることってたくさんあるな〜と体感しました。

私の大好きなご飯のお供ランキング1位の納豆🍚、洋菓子ランキング1位のキャロットケーキ🥕って、自分で作れるんだ!

という感動が、シンプルに嬉しくて、自信に繋がりました。

 

 また普段何気なく食べているものが、これだけ手間と時間をかけて作られているものだと思うと、作り手に尊敬と感謝の思いが溢れてきてきました。

日々の「ありがとう」が増えて、幸せな気持ちになりました。

  

 

なぜ”自分たちでつくること”が大切なのか?

f:id:haruka-kubo33:20180713132517j:plain

鹿の解体中

しかしなぜ、みんなは”自分でつくること”を大切にしているのでしょうか?

 

その答えは、千春さんやダーシーさんとの会話の中で見えてきました。

 

 

大切なのは作ることを通じてプロセスを知り、そして自分の頭で考え選択すること

 

いとしまシェアハウスでは、「これがいいんだ!これはだめだ!」など決めつけ、押し付けるのではなく、全てのプロセスを学んだ上で、本人が何を選択するかの余地を残すことを大切にしているようです。

 

 

だから、個々人が買うお菓子は全然OK!!

「スナック菓子食べたら後で絶対気持ち悪くなるけど、今のこの美味しさがたまらないよね〜」っていいながらじゃがりこ食べている姿を見て、本当に人間らしくて美しいと思いました。

これこそ、ナチュラルに幸せな生き方だなあ…!

 

f:id:haruka-kubo33:20180713132450j:plain

(これは千春さん作の手作りポテチ!笑)

 

久保の違和感

そんな二人の考えは、私の社会に対する違和感にすごく通じていて、納得しました。

 

今やファストフードから宅配サービスの普及から、食事はどんどん早く・安く・簡単になっていっています。

しかし、このように効率的に食事を手に入れる一方で、失ったものはないのでしょうか?

 

私はこの効率化されすぎた食のシステムが産んだ重大な課題の一つに、作り手と食べ手が分断され、目の前の食事の背景を全く知る機会がなくなったことがあると思います。そしてどんどん自分の生きるに関わる周辺環境への関心や感謝が薄れていっていると思います。

 

そんな時、もし何かの事件や災害によって、食のインフラが断たれた時、私たちはどうやって生きていくのでしょうか?

また、安い食品の裏を見てみると、聞いたこともないカタカナの添加物の名前が並んでいる。それを身体に入れて大丈夫なものでしょうか?

そして、「いただきます」に、みんなの心はこもっているのでしょうか?

 

 

だから私は、ちゃんと自分で自然に近い環境で作物を作り、料理をしてみんなで「おいしい」を分かち合いたい。そして自分が価値があると思えるものに、ちゃんと正当なお金を支払いたい。

そういう生き方を体現したいと思い、後期から大学を休学して都会から離れ生きる修行をすること決意しました。 

f:id:haruka-kubo33:20180713132535j:plain

 

 

しかし正直な話、この地球の全員が、食べ物をすべて自分で作ることや、毎食こだわった食事をとるは不可能に近いでしょう。(そりゃそうよ!)

だからこそ、食卓に並ぶまでのプロセスに触れて、食に関わる人々の苦労や情熱、そして自然の恵みを知ることをきっかけとして

そしてその上で、食べることにもう一度向き合い、自分の食選択の軸を作っていけばいいんだなと思いました。

 

 

 

休学中の友人さりなの変化

f:id:haruka-kubo33:20180713132534j:plain


そもそも今回お邪魔することになったのは、5月頭にさりなからLINEがきて、ぬるっと話盛り上がって

f:id:haruka-kubo33:20180713132540p:plain

 

さりなが移住したことを知り、面白いな〜と行くことを決意。

周知の事実ですが、安定に金欠なのでバイト頑張ってお金を貯めて、やっといくことができました!!

 

さりなとは、大学の学生団体の同期で1年半一緒に活動した後、偶然村・留学で再会を果たすなんていう関係で、なんか面白くて興味深い友達!笑

 

そして、半年ぶりくらいにサリナにあって 正直、私は感動した!!!!!!

f:id:haruka-kubo33:20180713132546j:plain

こんな素直に感情を表現し、生き生きしているさりなを見たの初めてででした!!!!

本当にさりなが来るべきところに来たんだな〜って。 しかも、たくましくなっている…!

f:id:haruka-kubo33:20180713132604j:plain

 

そして、相変わらず自分にもってないものを持っているなあ(気がきくとことか、気持ちに正直なところとか)と尊敬させられる日々。

 

 

それにさ、前は結構新しい出会いに自ら足を運ぶの嫌いなイメージだったけど(あくまでイメージです)

今回は、積極的に、私の友達にも「会いたい!」って言ってくれてほんまに嬉しかった!

f:id:haruka-kubo33:20180713132623j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180713132624j:plain
agri+のみんなとご飯!

 agri+は、福岡大学の学生団体ですごくワクワクすることをやってるので、要チェックっっす!!!!

www.facebook.com

 

 

滞在中「もっともっとシェアハウスに同世代の仲間を呼びたい!」って強く思ってくれて、ブログを始めたり、一緒に8月合宿企画したり!

こちらブログね!さりな最高です!!

sarina-foodworld.hatenablog.com

 

 

f:id:haruka-kubo33:20180713132635j:plain

はああ…!!!!!!!

さりなも、いとしまシェアハウスも本当に素敵だった。

私もまた帰ってきたすぎて、またみんなに会いたくて、今度は晴れた日に海に入りたくて(笑)

 

 

そして!!!!

8月末にいとしまシェアハウスで合宿企画するので、興味ある方は気軽にメッセージください!(^O^)

 

ではまた〜〜!

 

 

【屋久島しぜん編】〜太忠岳/白谷雲水峡/尾野間温泉 etc.~

 

こんにちは!🌱

先日、屋久島記事を公開したら、「おすすめの場所とか紹介して」っていうメッセージを数人から貰い、ブログ内容が求められていると感じ嬉しさ極まりない。

 

しぜん、ごはん、ひとに関する3つの記事書くので、その中でたっぷりおすすめさせていただきます!

 

本日は、屋久島しぜん編!

さあ、ついに恋に焦がれた屋久島での山歩き🏃‍♂️

6月は梅雨ということで登山客も少なく、どこにいっても貸切状態でした。ラッキー!

 

我々が赴いたのはこちらです!

 

 

 

 

 

そう!

縄文杉は、あえてのなし!!

 

 もちろん樹齢7800年と言われる縄文杉も拝みたかったですが😂(もちろん見たいよ!!)

それよりもやっぱり山歩き自体を楽しみたい!!!!

ということで、山道が面白いという噂の太忠岳へ!

 

 太忠岳(おすすめ度 ★★★★★)

 標高1497m、山頂には高さ40mにもなる親指を立てたような岩・天柱石がそびえ立ちます。休憩含め合計7時間ほどのトレッキングでした!(思ったよりハードで筋肉軋んで最高)

f:id:haruka-kubo33:20180622205839j:plain

 

率直な感想は、めっっちゃよかったーーーーー!!!

植生豊かだから山の色々な顔が見えてずっと楽しいし、頂上には大きな石があるから達成感も感じられる!!最強!?

 

 

✔︎歩めば歩むほど面白い登山道

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205816j:plain

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205906j:plain

入り口は屋久杉ランド。入った途端苔が広がり、進むほどどんどん気持ちよくなっていく。もえなと一緒に木の名前を一緒に覚えながら、妄想を膨らまし進んでいく。

 

 おすすめは、ヤマグルマという名の木。

ヤマグルマは、東アジアに分布する常緑の高木で、屋久島ではスギによく着生し、大きくなると杉を絞め殺すこともあるそうです!

(なんと...!😵)

この手前の杉の木に巻きついていてる方が、噂のヤマグルマさんです。

f:id:haruka-kubo33:20180622130731j:plain

 

「いや、なにめっちゃ杉のこと好きやん、絞め殺しちゃうくらい好きなんやん、、」

 

 

私は、そんな女にはきっとなれないとだろう、いや絶対なれない。

 

なりたいとも思わないけど、、

でも、そうやって愛情を表現できるって、なんて素晴らしいことでしょう..。

ヤマグルマさんの妖艶な姿に羨ましさを覚えた久保なのでした。

 

 

 

はい!すぐ横道それる!

本題に戻します!笑

 

 

 

そこから樹齢千年を超えるヤクスギの森が深く続きます。

そして、世界自然遺産地域へ。

 

f:id:haruka-kubo33:20180622114121j:plain

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205923j:plain

 

歩みを進めれば、シャクナゲの花とのご対面!

この季節ならではの花に出会えて幸せです。

f:id:haruka-kubo33:20180622205845j:plain

 

 

後半は、岩の下をくぐり抜けたりロープを使ってよじ登ったり、冒険しているみたいでめっちゃ楽しいです!

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205840j:plain

そして山頂、天柱石!!

でっかああああ!!!

 f:id:haruka-kubo33:20180622114343j:plain

 

✔︎山頂からの絶景

 

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205834j:plain

 

 

んん???

 

絶景....???(^O^)

 

 

 

山の頂上には、見渡す限り真っ白の世界が広がっていました。

 

 

 

(笑)

ま!仕方ない!梅雨だもの!笑

 

 

とりあえず、記念撮影して、大好きなお弁当タイム!!

🗻登山弁当は、かもがわ さんで予約!

(店頭販売は6:30から。登山弁当は予約をすれば5時から受け取りできます)

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205810j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180622205837j:plain

 

 

「うんめええええっっっこれうんめええ!!これ、地上で食べてもうまいやつや。

それを頂上で食べているなんて、こんな気持ちいいピクニックしたことないや!!!」

 

 

なんて貸切状態だからって騒いでいると...!

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205829j:plain

 

 

なんと、雲が動いていく…!!!?

まるでもののけ姫のオープニングのようでした!!!感激!

 

f:id:haruka-kubo33:20180622211253j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180622205954j:plain

 

※絶対的アイコン画像も無事取れました。笑

 太忠岳さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

帰りはめちゃめちゃトイレ行きたすぎたので、凄まじい勢いで降りてしまいました。ちくしょう…。

 

【反省】携帯トイレは忘れずに。

 

 

 牛床神社(おすすめ度 ★★★★☆)

山に入らせてもらう前の参拝は必ずしておきます。

f:id:haruka-kubo33:20180622205926j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180622211250j:plain


 

 白谷雲水峡(おすすめ度 ★★★★★)

こちらは、もののけ姫の舞台にもなった”苔むす森”がある白谷雲水峡。

峡というだけあって沢が多く、雨量が多いと登れないこともあるそうですが、奇跡的な晴れ!!!神様ありがとう。

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205918j:plain

 

f:id:haruka-kubo33:20180622211302j:plain

 

f:id:haruka-kubo33:20180622211257j:plain

いのちのはじまり

 

くはあああ....!!!!

 

圧巻....!!!

苔むす森以外にも見渡す限り手を置く限り一面に苔が詰まっていて、もうめちゃめちゃ可愛い!!!!

 

 

 

「私も苔に蒸されたい…」

 

f:id:haruka-kubo33:20180622205830j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180622211227j:plain


 

ああああ、ほんまに、言葉に表せないし、表してはいけない気がします。

ああ、またこの杜に帰ってきます。

 

 

永田いなか浜(おすすめ度 ★★★☆☆)

こちらは、アカウミガメの産卵で有名な永田いなか浜。7月後半から9月には、子ガメが海に帰っていく場面に出会えることも! 

f:id:haruka-kubo33:20180622212313j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180622205953j:plain

 

私たちにとっては、今年初の海で、テンション爆上がり!

「ここで夕日とか見たら最高だね〜〜」なんて言いながら、

海に向かって走って波から逃げるっていう遊びをひたすらやっていました(暇)

 

f:id:haruka-kubo33:20180622211249j:plain

 

 

 

f:id:haruka-kubo33:20180622212311j:plain

 

まあ、結局夕日は待てず、遊び疲れて温泉へ(笑)

 

 

 

 西部林道(おすすめ度 ★★★☆☆)

 

屋久島の西部は「西部林道」といわれ、約20キロにわたり住宅のない道のりが続きます。

そのうち約15キロは世界自然遺産地域に含まれていて、人の手が加わってない森林が続いているんです!

ほとんどが照葉樹林に覆われ、まさに「緑のトンネル」でした!

 

f:id:haruka-kubo33:20180622212308j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180622212310j:plain

車を少し走らせれば、すぐ目の前に猿か鹿がいる。そこに。

いや〜可愛すぎる。

 

しかし、本当に目の前に座っているし、なかなか道を開けてもくれないので、油断したら本当に引いちゃいそうになります。ほんと、気張っていきましょう!ということで★3つ!

 

 大川の滝(おすすめ度 ★★★★☆)

f:id:haruka-kubo33:20180622205949j:plain

大川の滝は里にある滝としては一番大きく、88メートルの落差があるそう!

予想以上に迫力があって、予想以上に近くにいけます!

飛び込んだら意味わからんくらい気持ちよさそう…。

もし、あの時自分が飛び込んでいたら!という後悔の意味もこめて星4つ!!(意味不明)

 

f:id:haruka-kubo33:20180622211247j:plain

 

 尾之間温泉(おすすめ度 ★★★★★)

f:id:haruka-kubo33:20180622205815j:plain

激熱がくせになる温泉!

なんと源泉は49度!そりゃあついわけだ!

地元の方々にも人気なようでいつも人がいっぱいだそうです。

壁に書かれている尾野間盆踊りの歌を見ながら、地元の方々の会話に耳を傾けながら、山登りの疲れを癒す。

いや〜〜完全にどハマり!しかも、この気持ち良さで料金200円はありがたすぎます!

屋久島には海中温泉など他にも有名な温泉があるけど、結局2日連続で尾之間温泉にきちゃいました。

 

↓こちら素敵な記事でしたので紹介です!

onsen.unknownjapan.co.jp

 

 

 まとめ

はああ、全然時間足りない!まだまだ山も川や海中温泉にも行きたい。

そして四季を通じて、屋久島の自然の変化を感じたい。

f:id:haruka-kubo33:20180622211306j:plain

私ほんとに自然に触れるのが好きだし、色々言ってきたつもりだったけど。

これほど屋久島の自然に惚れるとは思いませんでした。

すごい力です。

屋久島にいると、この地球の生命の奇跡を感じられて地球が大好きになる、そしてそんな草木や動植物に囲まれている自分もまるごと好きになっちゃう。

これを人は”幸福”と呼ぶんだろうと思いました。

屋久島大好き…。ありがとう。

 

 

 

 

「歩き、食べ、感じる 屋久島」

 

こんばんは🌞はや梅雨の季節ですね。
 
4月〜6月は、日本の色々なところに飛び回っては、神戸で授業を受けながら粛々と過ごすという毎日。
温度差が凄まじいし、梅雨だし、風邪ひきそうになりながらも、久保陽香(@U70604)さん | Twitterはまだ生きています。
 
 
こんな生活の理由はこちらに書いていますので、よければご覧ください!

haruka-kubo33.hatenablog.com

 
 
 
そしてここ最近の久保は
6/8~6/14にもえにゃ (@tyxom) | Twitterと憧れの屋久に行っていました。
 
今日の記事は、屋久島旅の流れ、空港やフェリーの待ち時間の使い方の紹介、最後に率直な感想を書かせていただきます。
屋久島行くことを考えている方の参考になれば幸いです(^O^)
 
 

思い立ったが吉日

 
屋久島に行こうと思い立ったのは、ちょうど2ヶ月前。
 
 
「日本の原生林に触れたい!!」
 
 
なんていう突然の衝動により、山好きそうな仲間に連絡!
そうしてソウルメイトもえなが「行く」と即答してくれました。(最高)
 
私ももえなもバリバリに大学あったけど、音速で航空券を予約。
そしてなんと、交通費13,270円(航空機代金6,670円+屋久島フェリー2は学割で6600円)って安すぎないか!
まあ、この梅雨ど真ん中に、ただでさえ雨量が多いと言われる屋久島に行く人は少ないですよね。(笑) 
 
 

うはうは準備中〜

買い出し中は、「未来への投資〜」なんていう都合いい言葉を言い聞かせてと結局散財。笑
パッキング中は、誕生日に姉が買ってくれたmontbellのトレッキングシューズをつめてうはうは!
準備中も終始ずっとにやにやしていました。
 
 
無事テストが終了後
①もえなと”冷蔵庫の中身消費アサカツ”

 

 
関西空港泊→鹿児島空港へ飛行機でたったの約1時間✈︎
f:id:haruka-kubo33:20180619224027j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180618232645j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180618232705j:plain
アスパラガスとオフの井川遥(大嘘)

 

③1日鹿児島観光→カラオケ泊
 
フェリーの時間が合わず1日空いたので鹿児島観光!
鹿児島出身の大学サークルの後輩が、実家が窯だと言っていたのを思い出し急遽訪問訪問しにいきました。
「宋艸窯」という屋号だそう!
調べてみたら、わおっ地元でも有名な工房みたい!!

f:id:haruka-kubo33:20180619225802j:plain

 
工房にお邪魔した瞬間、どタイプの器達が並んでて、二人で小声で興奮!!!!(ふんがふんが)

そうしていると、二代目であるお父様の竹之内琢さんがいらっしゃってご挨拶!

 

f:id:haruka-kubo33:20180619230520j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180619230103j:plain


お茶と梅の手作りのお菓子を出してくださったり

器のこだわりを教えてくださったり、工房内を案内まで...

優しすぎる!

 

f:id:haruka-kubo33:20180619225746j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180618232658j:plain

 

最初は寡黙なお父様だな〜という印象でしたが、最後には最後には息子さんのことや人生のことまで、沢山お話させていただきました!もう笑顔可愛いって!

 
そして、こちら平皿・お椀・箸置きの3点購入
可愛すぎるでしょうよ!!!!!きゅん!!!

f:id:haruka-kubo33:20180618232711j:plain

こうやって
職人さんのこだわりを知り、その方に惚れて、その方の生産物を買えるってシンプルに幸せなことだな〜!
 

 

本当に素敵なお時間をありがとうございました。
f:id:haruka-kubo33:20180619225906j:plain

 

 

 

その後も、ドライブは続き

 

「きりん商店」という超絶素敵なおみやげ屋さんで、お抹茶と焼きあんぱんをいただきます!

gurutabi.gnavi.co.jp

f:id:haruka-kubo33:20180619225753j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180619230938j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180619230936j:plain

その後は、霧島温泉

旅行人山荘 | 公式ホームページへようこそ霧島の天然泥湯温泉さくらさくら温泉の公式サイトとのはしご。

蒸し卵や蒸しとうもろこしまで食べて、もうデトックスやりきりました。

f:id:haruka-kubo33:20180619231327j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180619230953j:plain

 

 
つまり、満喫!!!
 
 
④8:30 屋久島フェリー2で4時間かけて屋久島に到着!
f:id:haruka-kubo33:20180619231054j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180619231049j:plain
港からみえる桜島と朝ごはん

 


遂に到着!

伝えたい屋久島の魅力や、我々の忘れがたきハプニングが沢山ありすぎたので、3編にわたり記事にしますね。
乞うご期待!(需要なくても書きます笑)

 

f:id:haruka-kubo33:20180619231609j:plain

 

〜更新予定〜
屋久島日記】しぜん編〜太忠岳/白谷雲水峡/永田いなか浜〜
屋久島日記】ごはん編
屋久島日記】ひと編

 

 

帰還して今... 

そして、先日14日に帰ってきて...。
すごくすごくさみしい...!
ずっと屋久島のことを考えている私がいます。
 
 
最初は、山を感じたいというという単純な欲だったけれど
 
 
屋久島で出会った素敵な方々の愛情
f:id:haruka-kubo33:20180619233013j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180619233008j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180619232946j:plain
 
神聖な山・川・海、山岳信仰
f:id:haruka-kubo33:20180619231601j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180619233231j:plain

 

おいしいご飯
f:id:haruka-kubo33:20180619232730j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180619232725j:plain

 

そして、大好きなもえな
f:id:haruka-kubo33:20180619232735j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180619232734j:plain

 
全部が全部愛おしくて、こんなにも感動した旅は初めてでした。
 
 
言葉にしてしまったら感動が限定されてしまう感じがして辛い。
でも、この胸の震えは絶対に忘れないです。
 
 
今回私たちと出会って大きな愛情をくれた皆さま、本当に本当に本当にありがとう。
この感謝を言葉で終わらせず、どんな形であれ報い、生きていきたいと思います。
 
 
 
 

この後の更新予定

これまで色々なところに行って散々しているため、ちょうど7月は落ち着いて過ごすことにしました。
ですのでこのタイミングで上半期を振り返って、内省と仲間探しのためにも、ブログを更新していきたいと思います。
 
 
〜2018年上半期行動まとめ〜
①中国四川省〜持続可能な発展とは?〜
②樹林気功との出会い
③上半期まとめ(沖縄・鳥取智頭町・岡山西粟倉村)
 
 
また、お暇な時のぞいてくれたら嬉しいです〜〜!(^O^)

 

【GW日記】”死”とはなんなのか?

 
みなさんGWいかが過ごされましたか?
 
私、 久保陽香 (@U70604) | Twitter香川県丸亀市綾歌町に帰省していました。

f:id:haruka-kubo33:20180506233057j:plain

 
 
今回は、母とキトクラス(山一木材)さんに行き、木に囲まれて読書したり
奈良から来た姉カップルとご飯やらドライブしたり、家族でナン作ったり
子供の日には昔の写真ひっぱって懐かしんだり
家族とのひと時を満喫しました。😳
f:id:haruka-kubo33:20180506233124j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180506233012j:plain
キトクラスカフェ
f:id:haruka-kubo33:20180507000037j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180506233025j:plain
ぽてぽて幼少期@沖縄

 


そして今回一番心に残った出来事は、今回の帰省目的であった祖父の49日法事でした。

 
じいちゃんはいつも好奇心くすぐられることを沢山経験させれくれて、久保の人生に大きな影響を与えてくれました。
じいちゃん家に遊び行った時には、裏山探検に連れてってくれて山のことを教えてくれたり、大量のチャップリンの映画を観せてくれたり。
 
そんな、大好きなじいちゃんの死。
そして、それは私にとって初めての身近な人の死でもありました。
しかもじいちゃんが亡くなった時、私は中国にいて連絡もつかず、帰国した時にはもう葬式も終わっている状態でした。
すごく後ろめたい気持ちがいっぱいでした。
 
●目次 
 

じいちゃんの49日

当日までは、まだ祖父の死を信じられていませんでした。
でも、法事が始まってからは、「ああ、じいちゃんは本当に死んだんだ」って理解してきて、様々な思い出がぶり返してきて、涙を止めるのに必死でした。
 
 
親族の中には、祖父の死を「もう寿命だったから、仕方ないねえ〜」という人もいれば
「亡くなる3日前にした手術のせいだ、手術していなければ…」と残念がる人もいました。
 
 
 
「寿命だったら、じいちゃんもみんなも幸せなのかな?」
 
「じゃあ、今私が死んだら、みんなはどう思うんだろう?」
 
 
 
 

久保が死ぬときは?

 
私が小学生の時に導き出した死の恐怖から逃れる方法があります。
 
それは、
 
「人の心に残る人間になること」
 
 
 
 
 
勘のいい方ならお気づきかもしれません。
 
そうです。
あの方に教えてもらいました。
 
 
チョッパーの名付け親、ドクターヒルルク....っっっ!
 
有名なあのくだりです
「人はいつ死ぬと思う…? 
「…人に忘れられた時さ…!!!」
「おれが消えてもおれの夢はかなう」
「病んだ国民の心も きっと救えるさ…!!」

 

いや熱すぎって...っっっっっっ!!!!!!!!!
 
死ぬのが怖くて夜も眠れないようなビビリだった幼少期の久保を「死への恐怖」から解放してくれました。
詳しくは、ワンピース16巻をご覧ください。ぜひとも。🙇‍♂️
 
 
 
では、本題に戻って。
「じゃあ、今私が死んだら、みんなはどう思うんだろう?」
 
ヒルルクに教わったように、私は納得できる死を迎えられるのだろうかと思いを馳せてみました。
 
今この瞬間、私が死んだら、悲しんでくれる人はきっといるだろうな。
そんな久保を心のどこかにとどめてくれる仲間が沢山できたなあ〜と思い、ちょっと嬉しくなりました。😳
 
でも想像してて、一番リアルだなと思ったのは、
「人生これからって時に、残念ね。」
「あんなに大きな目標もってたのに..」
「かわいそう」
という声。
 
 
 
んーーーいや!!!
なんかやだ!!!
今死んだら、客観的にまさしく”道半ばにして死す”って感じ!(ちょっとかっこいいけど!笑)
心に残っても、悲しまれるのは、なんか違う!!(ちょっと寂しがってほしいけど!笑)
 
 
 

理想の死とは?

 
私という人間は、目標を定めそれに向かい頑張るのが好きなタイプではあります。
だからその目標への達成欲は大きいけれど、
それと同じくらい、むしろそれ以上にその過程も全部楽しんでいます
 
だから今死んだら、そりゃ残念ではあるけど、ちゃんと成仏はできると思っています。
 
 
私たちは、毎日命を燃やし続けていて、その過程を”老い”といい、その命が燃え尽きた時を”寿命”という。ただ、それだけで。
だから、人生どれだけ老いて死ぬかとかどうでもいいことだなって思いました。
 
万人に命と死は平等に与えられていて、誰がいつ死ぬかなんてはわからないからこそ
命ある限り、歩む道は自分が心から納得して進もうと思いました。
人生の目標を決めようが決めまいが(決めた方が進みやすいけど)、人生というものは、今この瞬間、自分が選んだ道が積み重なっていくだけだなんですよね。
 
んで、もし長生きできれば、その軌跡が長く深くなってラッキー!くらいのテンションで生きていきたいな、と思った!
 
 
んで、私の理想の死とは、理想の生き方と同じことで、
自分の心に正直に進み続けて、いつでも幸せな状態であり続ける。そしてどうせ生かされて命なら、自分が大好きな自然や人々を幸せしようって感じかな。
 
これかなって思います。
(あれ、前のブログと同じこと言ってる?笑)
 

f:id:haruka-kubo33:20180506233026j:plain

幼き久保のように素直にね
 
 
 

ぼやき

 今まで読んで来た啓発本で、”すべて意思決定だ”、”すべての物事は意味をなす”、”自分の選択を正解にしろ”とかいうメッセージングを受けて、なんとなく理解してたけど今回すごくそれを実感しました。
 
それに、めっちゃ前にひすいこたろうさんの「明日死ぬかもよ?」 を読んだ時、めっちゃ胸打たれたけど、結局毎日死ぬことなんて意識できずに毎日を過ごしていました。
 
 
 
でも、今回大切な人の”死”を感じてはじめて、色々なことが腑に落ちました。
じいちゃんありがとう。
 
そういう点で、法事というものは、死者の冥福も然り、残された親族が「人生」を問い直すという意味でも、大切な儀式だと再認識しましたし、
このブログも、ある種の遺書になりうると思いました。だから、少しの心の変化でもこうやって書き留めて発信して、いつ死んでも大丈夫なようにしておきます!
 
 
しっかし、自分の考えまとめるって難しい!!邁進あるのみ!
それでは、明日から学校みんなに会えることを楽しみにもう寝ます
おやすみなさい〜〜〜

久保が休学する理由 〜草むらサラダ〜

 

みなさまお久しぶりです、久保陽香 (@U70604) | Twitter です!

ブログでのご報告が遅くなってしまったのですが、私久保は2018年3月をもって、ぶさべじ代表を引退いたしました。本当に二年間お世話になりました。(詳しくはFBに書いてありますので、お時間あれば。

www.facebook.com

 

最近お会いした方々には「ぶさべじお疲れ様」「これからどうするの〜?」と声をかけていただけて。そうやって気にかけてもらえてめっちゃ嬉しくなる反面、これからの自分に関する答えが難しい!! !

 

魅力的な将来の選択肢がいっぱいだし、毎日動けば考えもアップデートされていってしまうし。

もう今すぐにも「私はこれをやります!」と断言したいけど、それを発信して人に期待させたり、人を巻き込んじゃったりするのも怖いなあって思っちゃって。最近はあんまり人に言えていませんでした。 

でもまあ、小娘一人の心の中を叫んだところで、この地球はクスリともしないし!笑 

整理の意味をこめて、今の頭の中を少しでもお話できたらなと思います。 

 

☀︎目次

 

 

 

 

1年間の休学

 

私は、後期から1年間休学し”自然と共生する幸せ”を体感したいと考えています。詳しくは、後半でお話させていただきます。

そしてそれは、自分の価値観や目指してきた世界をもう一度見直すことを意味します。 

 

 

 

わたしの目指す世界とは

 

「自然も人間も、幸せが循環する地球」 

 

文言は少し変わりながらも、私が大学1年生のことからずっと理想に掲げてきたものです。 

 古来人間は暮らしの中で、自然を畏れ敬い、感謝し、日常的に森を守り続け、感性で森と会話し心を通い合わせていたと言います。 

しかし、今や西洋哲学と科学そして資本主義の波に飲まれ、自然を資源としてのみ捉え、また同じ人間をも分断・差別しました。 

 

私は大学に入学し、授業で経済学を勉強し、アイセック神戸大学委員会 (@AIESEC_Kobe) | Twitterで活動し、貧困地域といわれるフィリピンやガーナでのボランティア系インターンシップに行きました。 

f:id:haruka-kubo33:20180503175013j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180503175504j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180503175032j:plain
アイセック神戸大学委員会・アフリカPJ(すっきゃわ〜)
f:id:haruka-kubo33:20180503175431j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180503175426j:plain
フィリピン JFC事務所でインターン
f:id:haruka-kubo33:20180502132210j:plain
f:id:haruka-kubo33:20180502132214j:plain
ガーナ 農業ボランティアインターン

 

様々なことを経験し、感じ、学び、考え、悩む中で

 

現代社会では、人間と自然は分かり合えないのか?」 

「経済発展は、本当に人に幸せをもたらすのか?」

 

 と、現行している経済秩序や社会問題への違和感や憤りが膨らんでいきました。(これと同時期に、食の可能性にも魅了される)

そして紆余曲折をへて

まず大好きな食を通じて

①貧困格差問題・環境問題 の解決

②利益主導型の資本主義経済体系の解体

それを、まずは足元から取組んでいこうと決意する同時に

自分の無力さをもひしひしと感じる大学一年生でした。 

 

ぶさべじとの出会い

そんな時に出会ったのが、「ぶさべじ」 

f:id:haruka-kubo33:20180503175449j:plain

 神戸で出会った農家さんの情熱に胸打たれたこときっかけに、本気で日本の食料廃棄問題を解決したいと思いました。

でも、結局一年生の頃はほとんど活動できず、最後はぶさべじ自体も活動停止してしまいました。 

 

しかし、大学2年生になってすぐ、あることがきっかけで責任感にかられ、ぶさべじの代表を引き継ぎますっ宣言をしました。 

あの時、リーダー経験も何もないぽんこつな久保に、代表を任せてくれた純さん

じゅん@mocchi 農家さんの語り部 (@1008Sigotonin) | Twitter

の人を信頼する力ってすごいなあ..、今振り返っても強く感じます。 

 

そして何もないところからもう一度、もえな(もえにゃ (@tyxom) | Twitter)にめっちゃくちゃ支えられながら、団体の目指すところや事業を考えて。 

最初はボロボロだったけど、知らぬ間に応援してくださる方も、メンバーも、事業も増えていきました。 

その分、失敗も沢山して、沢山の方に迷惑かけて信頼も失って、自分の拙さが大嫌いになったりしたことも沢山ありました。 

でも、それ以上に楽しいさややりがいが溢れていたし、こんなへなちょこな久保でも受け入れてくれる仲間に出会い始めてこんな安心できる場所を見つけられたし、今まで見えなかったようなことを学び、考えるようになりました。 

f:id:haruka-kubo33:20180503175439j:plain 

 

f:id:haruka-kubo33:20180503193744j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180503175445j:plain

 

ぶさべじを引退して、今

 ぶさべじがひと段落して、さてこれからどうしよう...。

やりたいことは

①自分の目指す世界を叶えるために、事業推進スキルや思考レベルをあげる 

②そもそもの自分の価値観や目指す先を見直す 

その手段は、就職か休学か院進学か...

 

 

今でもやっぱり社会問題を食を通じて解決したいという想いは変わりませんでした。

それに、世界を変えるためにはビジネスができるようにならないととも焦っていました。

だから最初は、企業就職をして、ビジネススキルつけた上で自分のやりたいことを事業化するという流れがすごく明快だなと思って。就活中も、成長できるならどこでも楽しそう!と思えるから、就職した先にもワクワクすることができました。

 

 

でも、なぜが胸のどこかにずっともやもやがあって…。 

 

そのもやもやの原因を色々悩んだ結果。 

それは、自分の盲目的な視点と行動だったということに気づきました。 

自分はいい意味でも悪い意味でも、何かに心揺れたら「これだっ!」と確信し、つっぱしってしまう癖があります。 

それに、そのあとは全ての物事をすぐに自分の興味に結びつけて捉えてしまいます。 

 

これでも楽しいけれど、なんかすごい自分の世界が狭い気がして、やだなって。 

 だから、少し時間をかけてもいいから、もっと自分を深ぼる期間をとろう!と思って。

 

私は1年間休学を通じて、”自然と共生する幸せ”を体感する

つまり、②そもそもの自分の価値観や目指す先を見直すことを決断しました。

 

 

自然と共生する幸せ?

 

「もっと子供のように自然と対話したい」 

「実感をもってこの大地を”母”だと言いたい」 

 

今年一年は、社会問題を解決することに前のめりになるんじゃなくて

もっと子供のように純粋な目をもって、自然に対する想いを解放し、自分自身が自然との共生する幸せを体感したいと思います。 

f:id:haruka-kubo33:20180503195828j:plain

 

  

しかし!そのため何をするのかは、具体的にはまだ決まってません!あかんなああ!

でも、ざっくり言うと、自然と関わりながら暮らすことを通じて、生きる知恵や技を身につけようと思っています。 前期はその場を見つけるために、色々なところに飛び回っています。また追って投稿させていただきます! 

 

もちろん、たった一年でそんなことできるなんて、思ってもいません!!!

周りからは、くぼちゃんが1年どっかに定住するって無理そうってよく言われますし。(私もそう思う〜〜笑) 

まあでも、できなかったとしても、自分はここじゃないなって思ったとしても、いいんです。

それでも自分の心だけには正直に、焦らず、ゆっくり、着実に歩んでいこうと思います。 

 

 

最後に(小声)

 

まずは野草を勉強して、一年後には草むらがサラダに見える日を夢見て、ブログ名を「草むらサラダに!」変更しました。(安易)※命名ナカマ ユキ (@NhaaClaa) | Twitter

これからもよければよろしくお願いします!

f:id:haruka-kubo33:20180503180256j:plain

 

 

 

【ダイエット】この世には美味いものがありすぎる

 

こんにちは!久保陽香 (@U70604) | Twitter です!

昨日のモヤモヤ投稿読んでくださってありがとうございました。

FBコメントくれたり、直接メッセージしてくださる方もいて、、

私にはこんなにもなんて素敵な仲間がいるんだと...割とガチで元気でました。

大好きです!!!!!!!(照)

 

 

 

そして本日の議題は昨日の続編、


「モヤモヤ期を抜け出すには、今のナニかを変える必要がある...」

と最近の久保は思い立ち…

 

 


ダイエットをしよう!!!!!

 

 

 

それも、年末に香川の実家に帰った時にに言われた一言

 

 

 

 

「...ねえ、はるか。そろそろ、痩せない?」

 

 

 

 

クオッッ.........

 

友達からは慣れていたけど、、、

母上に言われるって相当つらいかった。


それに追い打ちをかけるように、年末に綺麗になるためにものすごく努力しているyoutuberに出会いました。

しかも正月太り防止のための動画もあって、

 「正月までも、なんていじらしいほど努力家なんだ😭😭😭」

 と酷く感激すると共に、自分は忙しさを理由にして綺麗になることから逃げていただけなんだと気づかされました。なんて恥ずかしい。

 

ということで、私ダイエット始めました!

 

【実施期間】


2018年1月1日〜3月21日

 

【到達目標】

大学1回生の久保の身体を半分(ちょっと妥協)取り戻す!

つまりマイナス5キロ!

 

というのも実は私、大学入って10キロ太っていたのです。
昔の写真見るのいやだったけど、今こそ向き合う時なのです。

 

f:id:haruka-kubo33:20180123173046j:plain

(大学1年生7月、京都にいった時....ポージングは良くわからない。)

f:id:haruka-kubo33:20180122143009j:plain

(WeeBeeという神戸大学のいかした情報サイトにスナップも撮っていただいた時...)

weebee1212.com

 ↑こちら、コンテンツ充実してるし本当に本当に面白い(普通にファン)ので、是非ご覧ください!!!

 

 

【太った原因】


太った理由は、明白。
それは、基礎代謝の低下夜間の飲食です。

食べる量は変わらなくとも、圧倒的に太りやすくなりました。


てかむしろ痩せてた頃、今の3倍くらい食べてたのに!なんで!
お寿司とか30皿はゆうに食べてたのに!(寿司対決は今でもしたい!)

 


【ダイエット方法】

 

そのなも、たくさん食べて動いて!基礎代謝上げようダイエット!(パチパチ)

 

①レコーディングダイエット

食べたもの(三食・間食)をひたすら記録し、カロリー摂取を見える化します。

→ただの食べログになっている笑

 

②モムチャンダイエット
モムチャンとは韓国語で「健康で美しい肉体美」という意味の造語で韓国のカリスマダイエット主婦チョン・ダヨンさんが考案したダイエット方法です。DVDを見ながら運動します。有酸素と無酸素運動を織り交ぜて身体を鍛えることができるので、脂肪を燃焼且つ筋力をあげることができます!(詳しくはモムチャンダイエットの効果が凄い!食事や消費カロリーは? – ダイエット美

→中学校の時はじめてして以来ハマりました。youtubeでも見られるし、私もDVD持ってるので貸せますよ〜ビリーズブートキャンプーとコアリズムの中間くらいのしんどさなので、達成感もあって楽しいです!!

 

③お風呂上がりの足マッサージ

足のリンパを刺激し、むくみを解消します。

→初日にセルライトかと思ってゴリゴリ揉んでたら次の日青あざだらけになったので、ご注意を⚠️


④毎朝ラジオ体操

毎朝、ラジオ体操第一第二をしています

→これはただ楽しいだけ

 


【真のダイエットの意義】

私は重大なことに気づいてしまったんです。

 

ダイエット開始してからはや3週間、

周囲の友達からは

「いやいや、美味しいものいっぱい食べてるやん。ダイエットする気ないやろ」

とよく言われます。

 

そうです、その通りです。

f:id:haruka-kubo33:20180123105128j:plain

六甲道にできた素敵素敵素敵すぎるお店puro(puro (@puro.okashi) • Instagram photos and videos)

 

f:id:haruka-kubo33:20180123181648j:plain

目指していることも、やっていることも、全てかっこいい、丹波のcafe-ma-mo(http://cafe-ma-no.com)

 

f:id:haruka-kubo33:20180123173323j:plain

私がスパイスにはまるきっかけにもなった王子公園のカラピンチャ Karapincha | スリランカカレー

 

f:id:haruka-kubo33:20180123181305j:plain

高校時代の親友とカレー欲シンクロしていった憧れのサッチェズカリー(https://www.facebook.com/sacchescurry1/)

 

f:id:haruka-kubo33:20180123105204j:plain

カラカラ鍋の辛さ10番チャレンジ旨い塩焼肉とからから鍋の店「からから屋」公式ホームページ

 

 


ダイエット宣言してから、大好きなカレーもパフェもたくさん食べてるし、カラカラ鍋10番チャンレンジもしたし(来週は15番!)むしろ前より食べてるし!笑

 

だって美味しいんだもん!!!!!

 

 

ダイエットというと、人は食への執着心をなくさなければないないと人は考えるでしょう。
いやでも、そんな話ではないのです。
私はそんな概念で食に向き合ってはおりませぬ。

 

これは食への執着ではなく、”食への畏敬”

 

”食べる→カロリーを摂取する”
ではなく、
”食べる→食べさせていただく→生産者・料理人・そしてこの地球に感謝する”
なのです。

やっぱり、素敵な生産者や料理人の方と出会うとその方が生み出す”食”をいただきたいし、自分で美味しさを体感した上で感謝の言葉を伝え、人にも紹介したい。これは私の生きがいです。

 【最後に】

この世には美味いものがありすぎます。

なんて素晴らしい世界に生まれたのでしょう。

だからこそ、この世界に感謝して”食べる”という行為にメリハリをつける、中途半端な気持ちで無意識に間食などをしない。するなら全力で土下座感謝する勢いで間食をしましょう。

 

そして最高のメリハリボディで、最高に美味しいものをお迎えします。

 

 

 

 今のところ、−3キロ!なかなかのペースです!また3月痩せた姿で会いましょう👋

ご清聴ありがとうございました。

 
※ダイエット仲間募集中

※ご飯仲間も募集中

やるせない新年をお過ごしの方へ朗報です

 
みなさん、みなさん。
どうしましょう。
2018年始まってもう4週目に突入しています。
 
 
…はやい
 
 
新年の抱負立てたのに、、
結局バタバタで、知らぬ間のうちに3週間がすぎている。
なんだかやるせない日々ばかり。
そんな感じの、くぼ(久保陽香 (@U70604) | Twitter)がお送りします。
 
 

【やるせないとは】

思いを晴らすすべがない。せつない。(コトバンク
やるせないときって、本当にもやもやしますよね。朝起きれないし、なんか。
でも、思いを晴らすことは必ずしも必要なのでしょうか。
思いが晴らせないとは、ある種現実から逃げていないということなのではないでしょうか。
やるせない時ほど、自分のことをめちゃくちゃ考え考え考えまくる。
 
そう、自分と向き合っている人って、かっこいいですよ。
だってみんな自分と向き合うことは怖いんですから。
 

Conquer yourself rather than the world.

「世界ではなく、自分自身を征服せよ。」

 by René Descartes(ルネ・デカルト

 
あのデカルトもいっていますもん。
そうです、あなたはかっこいいんです。自分に自身を持ちましょう。
 
 
(全部自分に言い聞かせています。付き合わせてしまいすみません)
 
 
 

【やるせない新年の久保】

実は私、今年2018年4月に2年間続けてきたぶさべじ代表を引き継ぎます。
2年間ぶさべじに夢中で走ってきたので、なんだか寂しくもありますが、これからの発展が楽しみで仕方ありません。(また詳しく投稿をします)

f:id:haruka-kubo33:20180122135508j:plain

 
そして、1年間神戸大学を休学してトビタテ留学を利用し、スローフード(Slow Food Nippon | 一般社団法人日本スローフード協会)世界支部でのインターンを通じて、自分の理想社会を深堀り実現する食修行計画をしています。(まだいけるか決まっていません!!!!!!)

 

f:id:haruka-kubo33:20180122135240j:plain

f:id:haruka-kubo33:20180122135313j:plain

 
今までいった国、フィリピン・ガーナ・インド、、全部の地域で食の魅力に感化され続けているのに…(ああ、また帰りたい)
まだ見ぬ世界に出て、自分はどんな食文化、生産者、美食に出会えるのだろうか、好奇心と感動に身体追いつくのだろうか!!!!!!
 
2018年にワクワクが止まりません
 
 
 
しかし、なぜか新年明けて今まで、すごく私はモヤモヤしています。
 
「トビタテ受からなかったらどうしよう...。」
「自分固有のスキルがなさすぎる、どうしよう...。」
「そもそも自分がやりたいことすら抽象的すぎるのか...。」
 
と何か不安にかられてしまって...
こんな精神状況でもやることはどんどん膨れがって...
毎日消耗している感覚。
やだなあ、この感じ。
 
 
しいたけ占い(2018年上半期しいたけ占い | VOGUE GIRL)さんは、2018年魚座は「人気運爆上げ」ってゆうてたのに…
 
どこがやねん!!!😭😭😭
 
 
(笑)
 
 
 

【やるせなさこそ楽しむ】

 
ま、そんなこんなでここまでやってきましたが、このままではあかんと気づきました。
やるせなさにも、意味がある。(たぶん)
むしろ、やるせなさを楽しむ、そんな自分に酔うという修行期間なのです。(たぶん)
そして楽しむために、淡々とやることべきことと、じっくり考えることを整理しました。
 
 
《淡々とやるべきこと》
・ぶさべじの代表引き継ぎ(マニュアル化)
・2月頭のテスト
・3月末卒業が迫りに迫る車の教習
・バイト
 
《じっくり考えること》
・今年の世界食文化深堀り計画🌍
・ぶさべじの今年度の関わり方
・他事業との関わり方
・今後5年の社会像(書籍と対話から)
 
 
って感じだ!!すっきり!!!💫
 
私の同期には、就活目前にして悩みをもっている方も多いと思います。
でも、みんな悩んでる、そしてみんな成長してる。
そんな自分たちを受けいれ、それでも生きている自分の存在をまるごと褒めてあげましょう。
そしてこんな時こそ、十分な水分とぶさべじ宅配(Busavege)で美味しい野菜を食べて(宣伝です😊)早く寝ね、丁寧に生きてみましょう!!!!
 
では、また!明日も更新します〜〜!

f:id:haruka-kubo33:20180122135214j:plain